立地を優先する

賃貸物件はいろいろな場所にあり、立地を優先して選ぶ方法があります。住む目的に合わせる時もあれば、求める環境に合わせて選ぶときもあります。予算に一定の制限があるときに立地をどう考えるかも知っておくと良いでしょう。

駅から近い物件のメリットって何?

予算があるときの駅近の選び方は?

学生は大学に近いところを選べばいい?

間取りを優先する

住宅にはそれぞれ間取りがあり、賃貸物件にももちろん間取りがあります。ワンルームや文化住宅は一部屋しかない物件もありますが、それでも間取りは重要になります。間取りを優先するときにおさえておくポイントを確認しましょう。

同じ広さで縦長と四角のどちらを選ぶ?

マイホームを持っていない人なら、たいていは賃貸マンションや賃貸アパートを借りて生活します。一生賃貸暮らしの人もいれば、いずれはマイホームを購入する人もいるでしょう。いずれにしても、賃貸マンションや…

1Kと1Rってどんな差があるの?

一人暮らしをするときに、不動産会社で賃貸物件を探すでしょう。できるだけ安く利用したい人や、ほとんど寝るだけのために使うのであればそれほど広い部屋は求められません。複数の部屋があっても無駄でしょう。…

札幌の賃貸物件探しはインターネットで

札幌の賃貸物件探しはインターネットを利用することで、不動産会社に行かなくても見つけることができます。

ベランダの広さってどれくらいあればいい?

ベランダは幅より奥行が重要

賃貸の部屋選びでは間取りをどうするかが重要になりますが、ベランダの広さもチェックしておくことが必要です。平屋であれば庭に洗濯物を干すことが出来ますが、賃貸マンションの場合はその場所がベランダになるため、洗濯物を干すのに十分な広さがあるかどうかということが一番重要になるでしょう。ですので狭いより広いほうが良いということになりますが、ここでポイントとなるのが、幅より奥行の方が重要になるということです。幅が広いと洗濯物を沢山干すことが出来ますが、奥行が狭いと干す作業がとてもやりにくくなってしまうでしょう。それにエアコンの室外機を設置するとさらに奥行が狭い場所が出来てしまい、洗濯干しの作業にストレスを感じてしまうこともあるのです。

洗濯干しが楽に出来るベランダの広さとは

賃貸マンションに設置されているベランダの奥行は、1m程度というのが一般的だと言われています。しかし奥行1mというのは、人が一人通れるぐらいの広さなので、洗濯干しの作業をするには少し狭いと言わざるを得ないでしょう。ですので、干す作業を楽に行うことを考えるのであれば少なくとも1.5m程度の奥行が必要になると言えます。ベランダの幅に関しては、極端に狭い場合は注意が必要ですが、3m程度あれば十分だと言えるでしょう。多少幅が狭い場合でも、布団などは手すり部分に干すことが出来ますし、奥行さえあれば洗濯物も2列に干すなどして対処することが出来ます。また奥行きのあるベランダであれば、洗濯物を干すこと以外にも、家庭菜園を楽しむなどの使い方も出来るようになると言えるでしょう。