同じ広さで縦長と四角のどちらを選ぶ?

長く快適な生活をおくる

マイホームを持っていない人なら、たいていは賃貸マンションや賃貸アパートを借りて生活します。一生賃貸暮らしの人もいれば、いずれはマイホームを購入する人もいるでしょう。いずれにしても、賃貸マンションや賃貸アパートを借りるとなれば、それなりに長い時間、その環境で生活することになるわけですから、快適な暮らしがおくれる物件を借りないと勿体ないです。部屋を借りる時は間取りを最優先しましょう。間取りが自分の生活にあっていれば、快適な暮らしが実現します。一人暮らしでも、ファミリーでも間取りのポイントになるのが縦長に広いところを借りるか、それとも四角で広いところを借りるかです。同じ広さだった場合でも、使い勝手が良いのは四角タイプです。

四角タイプの方が応用がききます

部屋が縦長になっている場合、縦方面には長いので広く感じるかもしれません。しかし、横の幅は縦が広い分、狭くなっているので意外と窮屈さを感じることになります。四角の場合は均等に長さが保たれているので、こちらのタイプの方が部屋が広く感じます。さらに、生活していく上では家具やテレビやベッド等、色々なものを部屋の中に置くことになります。その時に四角タイプの方が色々な配置ができます。縦長では狭い横部分のスペースが限られているため、配置がうまくいなかい可能性があります。このことから、賃貸マンションや賃貸アパートを借りる時は、できるだけ四角に近い状態の部屋を借りると良いでしょう。このほうが快適な生活ができます。

北見の賃貸は石北本線及び北見国道沿いが充実しています。特に北見駅の周辺は商業施設や公共施設が密集しているので人気が高いエリアとなっています。