1Kと1Rってどんな差があるの?

広さの違いは間取り図などを見ないとわからない

一人暮らしをするときに、不動産会社で賃貸物件を探すでしょう。できるだけ安く利用したい人や、ほとんど寝るだけのために使うのであればそれほど広い部屋は求められません。複数の部屋があっても無駄でしょう。ワンルームマンションなどを希望条件に挙げる時もあります。その時不動産屋から1Kでいい物件があると言われたとき、1Rとの違いを知らないと1Kは高いからなどと断る可能性があります。1Rと1Kで1Kの方が広いと思っている人がいますが、必ずしもそうとは限りません。物件の広さはそれぞれで異なり、広い1Rもあれば狭い1Kもあります。ですから家賃が安い1Kが見つかるときもあります。広さで選ぼうとするなら、1Rと1Kの区別はあまり気にせず、実際にどれくらいの居住空間があるのかを確認しましょう。間取り図をチェックしたり、実際に物件を内見したりして確かめましょう。

プライバシーを守りやすい1Kの設備

一人暮らしならワンルームマンション物件から探すケースが多くなりますが、間取りの区分で見ると1Rでなく1Kと表示されているものもあります。どちらも設備はよく似ていて部屋は同じです。1Rにキッチンがないと思っている人もいますが、きちんとキッチンも設置されているようです。違いとしては、1Rは部屋の中にキッチン設備がある物件になり、1Kは部屋とキッチンスペースが別になっている物件です。広さは物件によって異なるのでどちらが広いかは一概に言えませんが、1Kにある設備が重要になるときがあります。それは部屋とキッチンを隔てるアイテムです。扉が設置されていて、玄関などから直接中の部屋の部分が見えないようになっています。プライバシーを守りやすくなります。

函館の賃貸は、観光地や有名飲食店が周辺にたくさんあるところに人気があります。余暇が充実するからです。